女性高収入情報ブログ

夜職情報・高収入情報を発信しております。

キャバクラに来るお客様のタイプ

キャバクラにくるお客様のタイプ



『お客様がキャバクラに何を求めているか』に焦点を当てて書いていきます。




男性がキャバクラに通う理由は大きく分けて三つです。




○キャストを口説き落とそうとするタイプ

f:id:ponponking:20161029154107j:plain

→キャバにくるお客様の大半がこのタイプです。

このタイプは最終的にはsex目的で口説けそうな隙のある子を指名し、口説けないとわかると指名替えor店を変えます。


気が短いと三回くらいの指名で切れ、長くて半年、平均三ヶ月です。

年齢は20~30代の若い独身層に多い。

それか年齢に関わらず一人で遊びに来てるお客様、若い経営者等で急に大金を使えるようになったお客様等。




○キャバクラという異次元空間で癒されたいタイプ


→日々の仕事や家庭のストレスを癒されたいタイプ。

「愚痴を聞いてほしい」「女の子と会話を楽しみたい」等。

また、グループで来てみんなでワイワイ騒ぐのが好きな人もこちらのタイプです。

年齢は30後半~40代の中間管理者層等。

明るい人はワイワイ騒ぐし、大人しい人は愚痴を聞いてもらったり明るい会話で癒されようとします。




○キャストの成長を自分の喜びとするお節介タイプ


→少数派だが常連さん、または40後半~50代が多い。

人気上位キャストはこのタイプのお客様がついています。

ある程度地位のあるお客様や普通のサラリーマンで自分に自信のない男性が自分では叶えられない「成功の夢」を託したり「この子が頑張るから自分も頑張ろう」と勇気をもらったりします。



これら三つのタイプが微妙に絡み合っており、最初は「口説き」目的のお客様がいつのまにか「癒し」になったり、「癒し」のお客様だけど「お節介」の部分もあったり、「お節介」のお客様が「ここまで尽くしたんだから」と「口説き」に変貌したり....



なので、『現時点でお客様はどのタイプで何を求めているかを大まかに見極めることが大切』


また、忘れていけないのが『お客様はやはり男である』こと。


男なので『sexしたい』気持ちはあり、その気持ちが大きいか小さいかの違いです。


『癒し目的』や『お節介タイプ』は『この子とそうなるのは無理』と考え、欲望を理性で抑え、それ以上の喜びを見つけようとしていると考えること。



上記を踏まえた上での接客を心掛けましょう。



●まとめ●

お客様は『口説き』『癒し』『お節介』の三タイプ


お客様と接していく過程でどのタイプにも変わる可能性はあること(そして現時点でのタイプを見極めること)


しかしどのタイプのお客様も男性なので大なり小なり『sexしたい気持ちはあり』、それを念頭に置いて接客すること。





参考文献
木村 進太郎 年収3000万円を稼ぐNo.1キャバクラ嬢の''ちょっとした''習慣




女性高収入ブログ

psychological-independence@ezweb.ne.jp
ライン yukino1990
※メールよりラインの方が返信早いです◎